フィリピン セブ島

セブ アイランドホッピング (前編)

投稿日:

 

2020/3/17

セブ島でアイランドポッピング体験しました~

英語話せないけど・・・
着替えとか貴重品はどうするの?
色々な不安がありましたが

全然問題ない!!楽しめましたよ~

アイランドポッピングって?
なにー?
memu(画伯作)
memu(画伯作)

アイルランドホッピング=離島巡り

日帰りでボートなどで2つ以上の島を巡るアクティビティー
アイランドツアーとかアイランドピクニックと呼ばれるのも
ほとんど同じようです

海外初!!
語学力もない!!
私たちが選んだのはもちろんガイド付きのツアーです

 

CSP  

https://www.csp-cebu.com/

色々なツアーがあり
オプションで追加したり自由にカスタマイズできるのが魅力です
予約も連絡もLINEで日本語でできます

ホテルまでの送迎もあるし安心です~

出発はマクタン島です

今回はナルスアン島~パンダノン島に申し込んでいましたが!!


コロナウイルスの影響がだんだん出てきてる時期でしたので
(セブでは発症者は0の時期でしたが)
日に日にできるアクティビティーは減っていました・・・

そもそも、入国もギリギリとなり
翌日からは14日の待機となったため
自分たちが最終のツワー入国者でした・・・
T(自称画伯)
T(自称画伯)
一番の楽しみだった
ジンベイザメツアー
出発前日に中止連絡が・・・
このアイランドホッピングが
唯一南国の海を楽しめる
チャンスでした
memu(画伯作)
memu(画伯作)

しかし、入国してからパンダノン島も中止連絡が・・・

それでもギリギリ(翌日には全て中止だったらしい)
ナルスアン島へは行けるとのことだったので
ナルスアン島~ソルパ島へ変更になったけど参加しました

 

ホテルへ時間に迎えに来てくれたCSPスタッフの女の人は
ほぼ日本語で対応できてました

水着でよいと言われていたので
水着とラッシュガード・・・そのまま海へ入れるような格好で参加

お金と携帯は肌身離さず!

と色々調べてても書いてたんだけど
実際はほとんどバッグに入れっぱなしでした(笑)

一応、防水のケースで首からぶら下げるやつ購入してたんだけどね

船酔いには酔い止め必須!

これはね、去年の沖縄で痛い目にあったので
しっかり飲みました
ところがね・・・どうも薬が効きやすい体質なんですね

船に乗るころには

眠くて眠くて・・・(笑)

 

船?ボート?はバンカーボートという名前

30人位乗れそうだけど
時期もあり10人程度でした

船内はこんな感じ~

日差しは強いけど屋根があるから日焼けしないし
開放的で風を感じながら進むのは気持ちよかったですよ~

それほど揺れなかったけど
酔い止め飲んでない人は
グロッキーになってる人もいました・・・

 

 

マクタン島からナルスアン島へ

途中のヒルトゥガン島の付近でまず、シュノーケリング!!

memu(画伯作)
memu(画伯作)
小学生の時に水泳習ってたので
泳ぎは得意です!

が、一応深いのでライフジャケット着ました!

ライフジャケット、足に着けるフイン、ゴーグル、バスタオルなど
全て用意されていましたよ~

一番嬉しいのは

ゴープロ~

初めて使ったけど簡単だし

撮った画像は帰りの船の中でケータイに取り込んでくれました!!

では、水中へ~

 

ザブ~ンと入った瞬間は冷たかったけど
やっぱり南国の海、全然快適~

ちなみに気温は年中28~32度らしい・・

去年、同じ時期に沖縄の海に潜りましたが
ウエットスーツ着ててもかなり冷たかった・・・

あの時はたしか20℃くらいでしたからね・・・

 

海なのに濁ってない~

パンをつぶした餌を持ってたら・・・
凄いたくさんの魚が寄ってきて
手をツンツンして食べてくれます!!

たのしい~~~~~

でも、ライフジャケット着てるから潜れない~(笑)

 

という事で、ジャケット脱いで泳ぐ私達・・・

他に脱いでる人はいませんでした・・・・

楽しいんだけど
意外と潜れないし
やはり
自力で浮いてないきゃいけないので

辛い…(自業自得)

立ち泳ぎ、辛くなって
しまいには
空見てプカプカ浮いてました(笑)

30分ほど遊んで、船に戻り
いよいよナルスアン島へ~

後半へつづく~

 

 

 

-フィリピン セブ島

Copyright© 40代からの色々な事 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.